無担保・無保証人で事業資金を借りられる銀行のビジネスローン

 

銀行には、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンにカードローンなど、様々な金融商品があります。ですから、住宅や車、子どもの教育費や生活費などのために、利用する人も多くいるでしょう。銀行には個人向けのローンの他に、事業者向けのローンもあります。その一つが、ビジネスローンです。一般的に事業者が資金調達をする場合、担保や連帯保証人、さらには膨大な書類を用意して、審査を受けなければいけません。審査はカードローンのように短時間で終わらず、数日から数週間かかることもあります。事業に必要な資金を融資してもらうためには、事業者は手間や時間をかける必要があるのです。しかし、ビジネスはスピードが感が大事で、審査を受けている間にチャンスが逃げていく場合もあります。担保や連帯保証人、必要書類を用意したり審査に長時間かかっていると、対応できない場合もあるのです。そこで活用したいのが、銀行のビジネスローンです。

ビジネスローンは、担保や連帯保証人は必要ありません。ですから、申し込みをする前に担保を用意したり連帯保証人になってくれる人を、探す必要はなくなります。また、審査時間も非常に短く、スピード感があります。銀行のビジネスローンなら、申し込みから短時間で多額のお金を用意することができるので、ビジネスチャンスを逃すこと可能性も低くなるでしょう。もちろん銀行のビジネスローンは便利な存在ですが、利息があるのは当然です。これまでの資金調達法に比べると、事業者にとっては気軽に利用できるサービスです。しかし、気軽に銀行のビジネスローンを利用していると、会社に大きな負担をかけることになりかねません。気軽に利用できる銀行のビジネスローンだからこそ、申し込みは慎重になるべきでしょう。とはいえ、銀行のビジネスローンの利便性は、一般的な資金調達法より優れたメリットもあります。大切なことは、時と場合に応じて柔軟に使い分けることでしょう。(ビジネスローンおすすめ会社)

ビジネスローン選びは金利を比較することが大事

 

一般的にカードローンは事業性資金としての使用を不可としていることが多いのですが、ビジネスローンは事業資金として使用できるカードローンとして事業者にとって大きな助けとなる商品です。しかし、ビジネスローンはどこの業者の商品でも同じ内容というわけではなく、商品を展開している業者によって違いがありますので、その内容を比較検討して選ぶことが重要です。その中でも必ず比較しなければいけないのが金利です。なぜなら、これは返済時の利息を左右するものだからです。低金利であれば返済時の利息負担を減らすことができますが、逆の場合は利息負担が大きくなってしまいます。特にビジネスローンの目的は事業資金であり、借入額が大きくなりやすいということから考えれば、この差が利息負担を大きく左右するといえるでしょう。ですので、ビジネスローンを選ぶ際には必ず比較して、出来るだけ低金利の商品を選ぶことが重要なのです。ただ、一般的に銀行や公的金融機関と比べるとビジネスローンの多くが上限金利を年率18.0%と高めに設定しているため、そこだけを重点的に確認するとどこから借りても同じと考えてしまいやすいので注意が必要です。

もちろん上限を確認することは欠かせないのですが、忘れてはいけないのが最低金利の確認です。金利はローンの利用実績や借入額によって変わってきますので、場合によっては最低金利で借りることができる可能性もあります。ですので、実際にビジネスローンを利用する前に、どの金利が適用されるのかを把握するためにも、この二つを確認して比較検討しておかなければいけないのです。また急ぎで融資を受けたい場合やビジネスローンの比較をする時間がない、一度試しに使ってみたいという方もいるはずです。このような場合は、初回無利息サービスを展開している業者を探してみるとよいでしょう。ビジネスローンは様々な事業者に対応するためにこうしたサービスを展開している業者も多いため、利息のことを考えずにまとまった資金を調達できるはずです。

ビジネスローンとはどのようなローンか

 

ローンにも様々なタイプがありますが、その中でもよく利用されているものにビジネスローンがあります。ビジネスローンとは、自営業者や個人事業主など、中小企業を対象にしたローンになります。このローンを借りるためには、自営業者や個人事業主でなければいけません。借りる目的は、事業を開始するときや事業を拡大するとき、あるいは事業を維持するためにお金が必要な時などです。かつては金融機関が中心にビジネスローンの貸し出しをしていましたが、資金は消費者金融やカード会社でも行うようになっています。ビジネスローンに似た物には、カードローンがありますが、カードローンは私用で借りることが目的の場合に借りることができます。通常のカードローンとビジネスローンは明確な使い分けがされているのが現状です。ビジネスで使うお金を融資してくれるところとして、日本政策金融公庫は有名です。これは、国の機関で貸し付けをしてくれるものですが、事業計画書が必要になります。

一方で、ビジネスローンの場合は事業計画書は必要なく無担保で借りることができます。また、ビジネスローンはスコアリングと呼ばれる方法で審査をしていくのが特徴です。スコアリングとは、そのビジネスの利益をコンピューターに入力するだけで、どれぐらいの金額を借りることができるかが一発でわかるものです。ある意味、簡単に審査をすることが出来る点も魅力的です。最短で1日程度で審査を終えることができますが、土曜日や日曜日に申し込んだ場合は次の営業日まで待たないといけません。仮に土曜日の夕方申し込んだ場合であれば、月曜日まで審査を持つのが普通になります。ですが、すぐにお金が必要な人のために、土曜日や日曜日に申し込んでも、すぐその日のうちに審査結果が出るところも少なくありません。便利な点は魅力的ですが、金利が高いことが考えられます。ビジネスローンを急いで借りる場合にも、金利をよく見て借りなければいけません。

『即日融資』と銘打っていても

 

フリーローンに関しては、銀行系が扱っているものが低金利だと評判ですが、ここ数年は大手消費者金融系においても、低利息でお金を借りられるところが多くなってきたというのが実情です。消費者金融をランキングにて紹介しているウェブページは諸々見受けられますが、各々が求めるものが何かにより、目を通すべきサイトは異なって当然ですから、そこのところをクリアにすることが必要不可欠です。上限金利を調べて、有用な順に消費者金融をランキング化しました。「僅かでも返済額を安く抑えたい」と言われる方は、必ず閲覧した方が良いと思います。人気のおまとめローンの存在意義と言うのは、いくつかの借金をまとめて、他の低金利のローンに借り換えるというやり方で返済合計額を減らすことですから、その点を念頭に置いたローン企業の選択をしなければなりません。昨今話題のカードローンの借り換えとは、借り入れの為の利子の負担や長期に亘る返済負担を少しでも楽にするために、今現在借りている借入先とは異なった金融機関に借入先を移すことを言っているのです。

年がら年中即日融資サービスで入金してもらえる仕組みにはなっていません。大部分の業者は平日で、かつ午後2時までに申し込みが終わっていないと、当日にお金を受け取ることはできないのです。カードローンの借り換えを実行するなら、当たり前ですが低金利なところを選び抜くのが大切です。手間ひまかけて借り換えたのに、かつてのカードローンの利子と同じではつまりません。平日のみに可能な即日融資であれば、審査を通過すればスピーディーに手持ちの口座に振込してもらうこともできるほか、カードローン独自のカードを持って行って、自分の手で出金することもできます。今度給与を受け取ったら借金を完済するなど、30日経つ前にお金を返済するつもりの人は、無利息サービスを提供しているカードローンを利用することを最優先に考えるべきだと言えます。「即日融資できます」と記載されていても、それを為し得るためにパスすべき条件は、金融機関ごとにバラバラです。そのあたりのことを、各々詳細にお話ししていきます。新たに貸付を申し込もうといった人ならば、いくらなんでも年収の1/3より多いお金を借り入れることはないと思うので、はなから総量規制に引っかかることもないと言って間違いありません。

『即日融資』と銘打っていても、ひとつひとつのローン企業ごとに、即日に融資を実行することができる時間帯が異なっていますので、事前にその時間帯を頭に入れてから動くようにしてください。お金を借りるにあたっては、在籍確認を行なう目的で仕事場に電話がくることになっているので、「キャッシングをすることが、近くの人に感づかれるかも?」と心配する人も多いだろうと推測します。申込申請の簡便さ、審査に要する時間、振込み完了までのスピードなどを基に、おすすめできる消費者金融をランキング一覧にして公開中です。貸金業法の改正によって生まれた総量規制は、過分な借り入れから我々利用者を守ってくれる存在として認識されていますが、「総量規制の条件に当てはまってしまうと、二度と融資を受けられなくなる」というのは誤解です。